スタッフブログ&家づくりコラム

イベント情報やスタッフの日々の仕事の様子をはじめ、家づくりを現在ご検討中の方に向けたお役立ち情報を発信していきます。

173

【佐賀新築コラムVol.173】定年後の住まい

一覧に戻る
2018.05.17

佐賀・鳥栖で新築住宅を提案しているクレセントホームです。

 

今回は定年後すまいについて考えてみましょう。

 

【賃貸アパート・賃貸マンション】

賃貸の最大のメリットは、ライフスタイルの変化に強いということです。

お子様の進学に合わせて引っ越したり、転勤や勤務場所の近くに引っ越したり、

隣人とのトラブルで引っ越したりと、

その時の状況によって住まいを移すことができますね。

また、数も多くあるので自分たちに合った物件を見つけることができるでしょう。

ただ、定年後となると家賃を払っていくことが大変になりますね。

賃貸は何年家賃を払っても自分の物にはなりませんよね。

定年後、年金や貯蓄を使ってのやりくりしていけなくてはなりませんので

計画性が必要になってきます。

【社宅】

社宅の一番の魅力は、家賃相場よりかなり安い金額で住めるということです。

収入の中で住居にかける金額が少ないので、

生活費や貯蓄に回せるのでとても良いですね。

1点気を付けることしましては、

その会社を退職したらもちろんその社宅も退去しなくてはなりません。

定年まで住めたとしても、

その後は退職金や貯蓄で一戸建てを購入するか賃貸で暮らすかになります。

 

【一戸建て】

新築一戸建ては住宅ローンを完済すると賃貸とは違って自分の物になります。

多くの方は繰り上げ返済などで定年までに住宅ローンを完済します。

そうすると、賃貸とは違って、定年後に住まいにかけるお金がなくなります。

ゆとりを持って定年後を過ごせますね。

また、新築戸建ては土地を含めて大きな資産となりますので

お子様やお孫様の代まで残せることも魅力ですね。

 

将来の住まい、暮らし方についても考えてみてはいかかでしょうか?

一覧に戻る
人気資料を限定で無料プレゼント!資料請求はこちらから WEBサイトからのご予約でプレゼント!モデルハウス見学 イベント来場・ご相談 来場予約はこちらから
相談する・学ぶ・集める。来店予約はこちら(※土日も平日も可能です) 価格やプランをもっと知りたい方。カタログ・資料請求はこちら

MENU

閉じる